検索
  • なこ鍼灸・接骨院 院長

#ハイボルテージ療法#ハイボルト


ハイボルトは、高電圧の刺激を筋肉や靱帯の深部に浸透させ、疼痛の軽減や治癒促進などに利用できる「痛み」に特化した電気刺激治療器です。 そして、根本的な治療原因を改善させる事によって末端の痛みをとるという治療法が、ハイボルトという治療法です。参考:羽田野式ハイボルト療法

ハイボルト療法には3つ大きな効果

筋肉や靱帯の機能を修復する

本来は固定のみで修復することが難しいといわれていた

筋肉や靱帯にさらに高電圧強くかけることによって、

筋肉や靱帯自体を修復できるようになりました。

神経の興奮を抑える

ハイボルトを、神経の走行に沿って流すことで、

神経の興奮を抑え、迅速に痛みを抑えることが可能。

例えば手首が痛いとしても、実は首やその周囲の神経から

痛みを出していることがよくあり、それを治療することに

よって今まで取り切れなかった痛みがとれる。

痛みの原因がわかる

一番のハイボルトの特徴はどこが悪いかという事を検査をするということです。 レントゲン・MRIに写らなかった筋肉や神経の悪い部分、これをハイボルテージという電気の理論でかけることによって、治ったところ、やって変わったところが、悪かったところというように結果をもって悪い部分が探せるという治療兼検査法です。 レントゲンや

MRIは骨やその他の組織しか写りませんがハイボルト

によって筋肉や靱帯、末梢の知覚神経などが関連を

して痛みを出している部分の症状が一気にとれたうえで原因がわかります。なこ鍼灸・接骨院


https://www.ekiten.jp/shop_6319271/info/

10回の閲覧
a64d4b8c9f5cc4c64c588856352f2cf5_t.jpeg.

交通事故

(自賠責)

労災